三塁手の当たりは宮崎かレアードか!?徹底比較!

結構激戦区ですね!

はい、こんにちはせいじ君です!今回はプロ野球バーサスのサード(三塁手)にスポットライトを当てていきたいと思います。前回の新パックで宮崎が登場し、結構激戦区のポジションになっていますね。今回はそのサードの中でも優秀な宮崎、レアード、松田を見ていきたいと思います!

とりあえず、遊撃手の選手を見ていきましょう!

宮﨑 敏郎

ポイント
前回登場したばかりの横浜宮﨑選手ですね。この打者の良いところはズバリミート力ですね。ヒット狙いならトップクラスの性能と言えるでしょう。ただ、それ以外は平凡で、守備に関してもそれ程期待値は高くありません。
宮﨑 敏郎の評価はこちら

 

レアード

ポイント
次に日本ハムの主砲レアードですね。長打が非常に高く、4番候補になる存在です。巧打はDと低めですが、パワー型の選手の中ではマシな部類です。守備はCですが送球がBと悪くないので三塁手としては好印象です。
B.レアードの評価はこちら

 

松田 宣浩

ポイント
次にソフトバンクの元気印松田選手ですね。一昨年くらいの成績ならもう少し良い性能になっていたんじゃないかと思いますが、それでも長打Bと打撃の期待値は悪くないです。そして守備能力が高く、守備Bで送球もBです。今回の3人の中では最も安定しているでしょう。
松田 宣浩の評価はこちら

結論!!

まとめに入りますが、どういうチーム作りにするかで三塁手の選択は変わってきそうですね。個人的にはやはりレアードが、最もお勧めですね。4番候補で守備も安定している選手は非常に貴重です。攻撃型オーダーにするなら間違いなくレアードでしょう。次に宮崎ですね。ヒット狙いで、3番や2番に据えるというならお勧めです。松田も悪くないですが、守備能力はオートなので評価としては難しいですね。